ホッとできる家づくり

自信を持っておススメする
リラックスハウスの
「ホッとできる家づくり」をご紹介します

「ホッとリラックスできるお家」リラックスハウスの家づくりを一部ご紹介します。

いつまでも住むお家に愛着が持てるように、お客さまのホッと安心できるリラックスハウスの家づくりをご覧ください。

担当者との関わり方、建物の耐久性、安心性、快適性、デザイン性、適正価格のバランスがとれたリラックスハウスです。

丁寧なヒアリング・わかりやすい価格提示

お客さまに寄り添う丁寧なヒアリング

「子どもが大きくなって、手狭に感じる」「親と同居することになった」「そろそろ持ち家が欲しくなった」など、いろいろな理由で家づくりのきっかけが生まれます。
そして「どんな家に住もうかな」「新しい家ではこんなことがしたいな」など理想の家を想像して、夢や希望がたくさん溢れます。
その夢や希望を聞き漏らさないよう、きちんとお家にご要望が反映されて、理想の住まいが完成することが私たちの願いであり使命です。
そのためにお家づくりの第一歩として私たちは、お客さまとのコミュニケーションを大切にしています。

営業と設計士の両方が、初回のプランニングのためのヒアリングから担当いたします。
お客さまがどのようなイメージをお持ちか、どのような雰囲気が好きかをお客さまと担当者が共有できる体制にしています。
お客さまは肩に力を入れずリラックスした状態でヒアリングに臨んでいただければ結構です。

「なんとなく好き」などの感覚的なもので大丈夫なので、私たちがしっかり組み込んでプランニングしますのでお任せくださいませ。
外部に丸投げはせず、ヒアリングを行った設計士が責任設計、製図まですべてを行っているため、不測の事態が起こっても迅速に対応可能です。

わかりやすい価格提示

「住宅ローンの返済計画も無理のないものでホッ」

お家はけしてお安くはない高価なお買い物です。住宅ローンを検討されるお客さまも多いと思います。
家づくりで大切なことのひとつとして、賢い資金計画も重要です。

リラックスハウスではわかりやすい金額提示・資金計画書を提示させていただいております。
実際にお家が建ってから、生活していく中で家計の状況は変わっていくものです。その変化にも対応できるような無理のない返済計画もご相談させていただきますのでご安心くださいませ。

気候風土に最も適した工法『在来軸組工法』

嬉しい3つのポイント

①夏は涼しく、冬は暖かい ②設計の自由度が高く、将来的に増改築しやすい ③日本の自然環境に適した工法

在来軸組工法 日本古来から伝わるこの建築工法は、在来工法とも呼ばれ、「柱」・「梁」・「筋違(すじかい)」などを組み合わせた丈夫なつくりで、日本の住宅では最も多い工法とされています。
設計の自由度がとても高く、増改築もしやすいのが特長です。また、日本の自然環境に適した工法で、夏涼しく冬は暖かく、耐久性が高いことも人気の理由です。

木が素材が持つ「断熱性」や「吸放湿性」などの能力が高いほか、人の精神を安定させる成分にも注目されています。

 

べた基礎

べた基礎

建物本体を面で広く支えて荷重を分散させるので、地震の揺れや不動沈下に強い基礎となっています。また、地面からの湿気やシロアリの被害を防ぐことができるので、建物の品質維持や寿命を延ばすことにもつながります。

地震の力に負けない『剛床工法』

1階および2階の床は床面を強化し、床全体を一体化する剛床工法を採用しています。

剛床工法

床下地に厚い構造用合板(24㎜)を張る事により、水平面のネジレを防ぐ工法です。

在来工法では、梁と床下地の間に根太をはさみますが、剛床工法では通常の2倍以上の厚さの構造用下地合板を梁に直接接合し、厚い合板の力で床の変形を防ぐ、耐震上最も効果的な工法です。

※地震の揺れは、地盤➡基礎➡1階柱➡2階床➡2階柱➡屋根 の順で伝わります。

心地よさを守る断熱性について

快適な室内空間を目指すために見えないところで働く断熱材は、室内の保温力を高める大切な役割です。
断熱材によって室内の快適さ、ご家族の健康維持、さらに家計のお財布にも優しくなります。
リラックスハウスは建築物省エネ基準に適合する、断熱等性能等級4の基準を満たすために最適な断熱材を厳選しております。
また断熱性能がきちんと発揮されるよう、豊富な経験と技術力を持った職人さんによって正しく施工されております。

断熱工法 充填(じゅうてん)断熱工法

充填(じゅうてん)断熱工法

柱・梁の間に断熱材を充填する(詰める)工法。
隙間なく、防湿・気密層をしっかりと連続して施工をすることで、断熱材の断熱性能が発揮されます。

断熱材の持つ性能が正しく発揮されるよう、豊富な経験と技術力を持った職人さんによって「夏は涼しく、冬は暖かい」ホッとするお家づくりをしています。

 

高性能サッシ・Low-Eガラス

高性能サッシ・Low-Eガラスサッシには高性能ハイブリッド窓を採用しています。また、Low-E 複層ガラスとなっておりますので、優れた遮熱・断熱性能で暖房時の熱の流出、冷房時の熱の侵入を抑制し、暖冷房の効率を高めます。
電気の使用量を減らすことで暖冷房費やCO2排出量を大幅に低減します。

ハイグレード仕様 『パネル工法』

より強く、より快適な家を求める方に

高気密・高断熱住宅に対応『パネル工法』

テクノウォール工法在来軸組工法(柱+梁)にパネル(床+壁+天井)を融合した工法で、柱+梁+床+壁+天井が一体となって家をたくましく支え、夏の暑さ・冬の寒さを防ぎます。
高強度のモノコック構造を実現し、より地震に強い家を築きます。高気密・高断熱の心地よい住環境をつくり、さらに省エネ効果も期待できます。

リラックスハウス

  1. リラックスハウスとは?

    「リラックスハウスにお住まいになるご家族の皆さまが、ホッとリラックス…

  2. ホッとできる家づくり

    「ホッとリラックスできるお家」リラックスハウスの家づくりを一部ご紹介します。 いつまでも住むお家に愛着が持てるように、お客さ…

  3. 家づくりの流れ

    家づくりにはたくさんの人が関わり、たくさんのステップを進める必要があります。 「家づくりにはどれくらいの時間がかかるのか」と…

  4. リラックスハウスのプランニング例

    リラックスハウスはオーダーメイドの住宅になります。 初回のプランニングのためのヒアリングから、営業と設計士の両方でお客さまの担当…

  5. 施工こだわりポイントのご紹介

    リラックスハウスを建てていただいたお施主さまのご自宅完成写真と、営業と設計士、そしてお施主さまのこだわりポイントなどを一部ご紹介い…

  6. お客さまの声

    リラックスハウスを建てていただいたお客さまに、入居後アンケートをお願いしております。 おかげさまでたくさんの有難いお声をいただい…